HOME > 看護部紹介

「信頼される心のこもった看護」を目指して!

私たち垂水病院の看護部は、患者様・御家族様そして、一緒に働くすべてのスタッフに温かく心の込めた関わりが出来る事を大切にしています。そして、心穏やかに治療に専念して頂ける明るく清潔感のある環境を提供し、心病める患者様のその人らしさを尊重した看護に熱い思いを持って、私たち看護師は皆様に寄り添っています。
看護部長 猪井孝信

看護スタッフの声

3階病棟

3Fは慢性期の男女混合の病棟です。高齢化に伴い介護を中心とした病棟ですが、日常生活、作業療法を積極的に行い生活レベルの向上に努めています。親しみやすさと温かみのある看護を心がけ、患者様、ご家族様の満足度アップを目指して日々努力しています。

4階病棟

4Fは長期的な治療・療養が必要な方が入院される病棟です。 清潔で開放感のあるアメニティ、機械浴も利用できる浴室、ディルームからの眺望も良く療養環境の整った病棟で患者様それぞれの回復過程に沿った支援、看護を行っています。

5階病棟

5Fは亜急性期病棟です。急性期と慢性期が混在して煩雑な業務の日々ですが、患者様のご意見を汲みながら楽しいレクリエーションをしたり、社会復帰に向けて患者様主体の看護をみんなで考えて実践しています。

6階病棟

6Fは男女混合の開放病棟です。新病棟の特徴は、個室の多さと個浴です。できるだけプライベートが確保できるようになっています。また、ディルームや病室からの眺望も素晴らしく昼夜問わず癒されます。治療においても依存症は勿論のこと他の治療も積極的にしており、看護スタッフは、大変ですが笑顔を忘れず日々努力しています。

7階病棟

7Fは急性期治療病棟で55床の男女混合となっています。入院期間は、3か月となっており、その間、患者様に沿った治療プログラムに参加していただいております。病棟からの景色は最高で、北は六甲山系、南は明石海峡まで眺めることができます。看護としては、入院から退院まで担当Nsが受け持ちを致します。私達が、日々心がけていることは、患者様に寄り添いながら、一日も早い回復や社会復帰のお手伝いができるように努力しています。

看護部目標及び研修プログラムのご紹介

  1. 平成30年度教育プログラム
  2. 平成30年度院内研修一覧表
  3. 平成30年度新卒者研修
PAGETOP