HOME > 看護部紹介 >看護スタッフの声

喜(卒後1年目)

看護師となりはや1年が経ちました。この1年を振り返りプリセプターを中心に先輩方に支えられ技術や知識を学ぶことができ充実した時間を過ごすことが出来ました。看護学生の時とは違い1人の患者様とじっくり関わることが難しいですが優先順位を考え患者様のケアや観察を行ない報告・連絡・相談することの大切さを改めて実感することができました。

また退院に向け患者様が安心して療養生活が送れるよう他職種とカンファレンスを行い情報共有するなど患者様を中心としたチーム医療の重要性を認識することができました。業務をこなす中、ミスすることもあり落ち込んでいる時に先輩から「ミスをするとその怖さを実感するから良い経験したと思って」「焦ると次のミスを招くからね」と前向きな言葉をかけていただきミスの原因を明確にし焦らず一つ一つしっかりこなせるよう取り組んでいきたいと思います。そして、まだまだ未熟なため知識・技術を身につけ疾患と症状・薬剤を繋げアセスメントを行い、コミュニケーション能力の向上を目指し今後も努力していきたいと思います。

尾崎(卒後5年目)

看護師として働きだして、あっという間に5年が経ちました。この5年でどこが成長したか?と聞かれるとあまり自信を持って言えることがないのですが、患者様との関わりは悩んだりしながらも自分なりに頑張ってきました。どうしたら穏やかに入院生活を送っていただけるか、また私自身がどうすれば患者様と楽しく関われるかということを考えながら行動するようにしています。どのような関わりがその人に合っているのか見つけるまでに時間がかかったり、上手くいかなくて落ち込んだり、抱え込み過ぎて周りが見えず余裕がなくなることもありますが、そういった時はいつも他のスタッフがさりげなくフォローに回ってくれたり、困っているところに手を差し伸べてくれます。そのおかげで、私なりの関わり方を見つけることができ、楽しく関わることができていると思います。

病棟での役割に関しては今回初めて新卒者のプリセプターをさせてもらうことになりました。私自身まだまだ未熟で何かを教えるというレベルには達していないと思いますが、一緒に考えたり、調べたり、振り返りをしたり、ということを大切に関わっています。教えるためにはまずは自分が理解していないといけないので、そのためにいろんな事を調べ私自身もとても勉強になります。

辛いなと感じる時もたくさんありますが、それでも楽しく働けているのは患者様の「ありがとう」だったり、いい変化が見られたり、周りのスタッフの支えがあるからだと思います。これからも学ぶ姿勢を忘れずに、また自分が大切に思っていることをしっかり持ち頑張っていきます。

飯伏(卒後10年目)

H20年の4月に入職しあっという間に10年が経ちました。 10年前転勤するか辞めるか・・。結局子供が中学に入る前の多感な時期にできるだけ寄り添いたいという思いで、病院を変わることを決断しました。 精神科を選んだもうひとつの理由は、私がお世話になった看護師の先輩が、看護で一番難しいのは精神科の患者さんとの関わりだねと言う話をしていたことも大きなきっかけでした。 一般病院で勤務していたとき、精神科の患者様が脊髄損傷で入院してこられ1週間ほとんど睡眠がとれずにいたとき何もできなかった経験が蘇ってきました。

最初に配属されたアルコール(薬物)依存症病棟では、患者様が過去の振り返りしこれからどうしていくかをプライマリーとして関わってきましたが、否認が強い人、自分なりの信念のある人などコミュニケーションの難しさを痛感しました。 その後急性期病棟を経て現在は慢性期で介助を要する患者様が多く入院している病棟で勤務しています。 毎日が食事、排泄等の介助をしながら忙しく仕事をしていますが、10年目を節目に患者様一人一人の対応の工夫をしながら、少しでも安心感を持ってもらえる看護ができるように今後も心がけていきたいと考えています。

宮崎(卒後20年目)

34歳で看護助手として就職し、3人の娘を育てながら看護学校に通い看護師になりました。毎日が忙しく何かに追われている様に過ごしていましたが、昨年三女が就職し独り立ちしました。気がつけば就職して20年がたっていました。思い起こせば、看護師になったばかりの頃に食事が殆どとれなくなった患者さんがいました。先輩看護師と、どうしたら食べてもらえるのかと試行錯誤した結果、うなぎが大好物と知り毎日うなぎをレンジで温め患者さんに提供すると美味しそうに食べていただくことができました。

また、最近では訴えの多い患者さんの対応にうんざりしていると看護師2年目の後輩に「甘えてるんです、可愛いでしょ。」と言われ、甘えてるのか…とならば毎回訴えを聞く時は患者さんの背中や手を擦りながら関わると患者さんは満面の笑みを返してくれるようになり、うんざりしていた私の気持ちは消えて、優しい気持ちで関われている自分がいました。こうして、困った時や嫌な気分になった時でも一緒に考えてくれたり、違う見方を示してくれる素敵な先輩、後輩看護師と共に楽しく仕事が出来たから20年続けられたと感謝しています。
PAGETOP